ひとり暮らし攻略日記

快適な一人暮らしを求め彷徨うアラサー男の日記。ハマれる何かを欲しています。

ひとり暮らしのお金事情 1か月にいくらかかる?

f:id:akonek21:20170806145916j:plain

ひとり暮らしを始めると家賃・光熱費・食費などなど支出がたくさんあることに気づきます。ひとり暮らしにはどれぐらいの「お金」がかかるのかを知り、あらかじめ家計の基本を押さえておくことでお金の使い方に余裕をもたせることができます。

 

毎月使えるお金を把握

 ひとり暮らしでは「収入=使えるお金」ではありません。生活するためには、毎月決まったお金が出ていきます。まずは「自分が自由に使えるお金」を把握しておきましょう。

収入-固定支出(家賃、保険料など)-公共料金-貯金=使えるお金

収入・・・手取りの収入。

固定支出・・・家賃、保険料など。

公共料金・・・光熱費、電話代など。

貯金・・・予想外の出費にも対応できるよう少しずつでも。

この流れの通りに「残ったお金を貯金する」のではなく、「貯金分をあらかじめ引いておく」ことが少しずつでも貯金を増やすコツです。

家賃や保険料などの固定支出は支払う金額がきっちり決められています。光熱費や電話代などの公共料金も節約可能ですが、ゼロにはなりません。急な入院や冠婚葬祭のご祝儀など予想外の出費も発生することもあり、いざというときのためにも貯金は必要です。それらを収入から引いた金額が「使えるお金」になります。

 

家計簿でお金の使い方を見直す

ひとり暮らしでは家賃から公共料金まで、すべてを自分で管理しなければなりません。家計簿をつけてお金の流れをチェック、家計のムダがあれば見直していきましょう。

家計簿は手書きでもパソコンでもケータイでもかまいませんが、自分が使いやすいものを選びましょう。最近ではケータイでもいろいろな家計簿のアプリが出ています。シンプルなものから銀行口座を登録して資産を管理できるものまで盛りだくさんですね。

私はスマホで家計簿の管理をしており、カケイという家計簿アプリを使っています。

私の場合、ちょっとした空き時間などにちょこちょこ入力をしているので、機能はシンプルで使いやすいカケイを使っています。一目で費目ごとにいくら使っているかが分かるのでお勧めです。

銀行口座やクレジットカードも登録し資産を管理したいならZaimが人気のアプリです。

家計簿はずっと続けていくことになりますので、自分に合ったつけかたをいろいろ試してみることもポイントです。1か月ごとに家計簿の結果を分析し、これからのお金の使い方にムダがないよう管理していきましょう。

 

生活費の節約術

f:id:akonek21:20170806171203j:plain

生活費を抑えることによって自由に使えるお金を増やすことができます。あまりケチケチしすぎず、気軽にできる節約法を実行してみましょう。ちょっとした工夫でも1年を通してみると意外な金額になるかもしれません。

  1. 水道料金節約・・・水の流しっぱなしをしない。洗濯はお風呂の残り湯を利用しスピードコースでまとめて洗濯する。水道の蛇口やシャワーヘッドに節水グッズを取り付ける。
  2. 電気料金節約・・・電気のつけっぱなしをしない。電化製品のコンセントを抜いて待機電力をカット。炊飯器はまとめてご飯を炊き、保温せずに冷蔵・冷凍保存。食べるときにレンジで温めるのがお得。
  3. ガス料金・・・野菜の下ゆでは電子レンジで。給湯機の温度を必要以上に上げない。
  4. 食費節約・・・冷凍・作り置きで食材をムダにしない。スーパー閉店間際の値下げを活用。

 

クレジットカードをうまく活用

ネットショッピングを多く利用する方にはクレジットカードをつくることもお勧めです。

私は楽天市場で買い物をすることが多いため、楽天カード を持っています。楽天カード楽天市場を利用するとポイント4倍で買い物が可能です。年会費も無料なため持っていて損はないカードだと思います。

最近ではヤフーショッピングの5のつく日キャンペーンでポイントが5倍になるイベントもお得です。こちらはYahoo JAPANカードを利用することにより、毎月5日、15日、25日にポイントが5倍で買い物ができます。ネットショップは大手の量販店よりも価格が安いことも多く、ポイントキャンペーンなども合わせてうまく利用すれば出費を抑えることもできます。ただ、実際の支払いはその場で払う現金と違って1か月後に請求がきます。使用時には家計簿をつけてムダ・無理な買い物はしないよう気を付けましょう。